2017年3月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
3月1日(明治三十六年):第五回内国勧業博覧会開幕。
「大阪のベルエポック 第五回内国勧業博覧会」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月10日(安永七年):与謝蕪村、几菫とともに三十石船で来坂。
「蕪村の謎。故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月12日(明治四十四年):城東練兵場で米人マースによる複葉機の飛行。
「なんと観客が八十万人も!城東練兵場で大飛行ショー」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月13日(昭和二十年):第一次大阪大空襲
「大阪大空襲あの日あの時〈その一〉」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
3月15日(昭和四十五年):日本万国博覧会(大阪万博)開幕
「大阪万博と八軒家かいわい」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2017年2月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
2月17日(元暦二年):源義経、屋島攻撃のため渡辺津を出発。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月19日(天保八年):大坂町奉行所元与力大塩平八郎決起。
「ドキュメント!大塩平八郎の乱」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2月26日(天平十五年):難波宮を皇都とする。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2017年1月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
1月1日(大化二年):孝徳天皇、難波宮で改新の詔を発する(大化の改新)。
「そうだったのか!難波遷都の舞台裏」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
1月9日(慶応四年):大坂城炎上。城内の建造物のほとんどが焼失。
「大阪城炎上。時代は維新へ」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
1月14日(朱鳥元年):難波宮、大蔵省より出火して焼亡。
「山根徳太郎 執念の難波宮発掘」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2017年1月1日
あけましておめでとうございます。
2016年12月1日
ピックアップ:今月の『八軒家タイムトラベル』
12月9日(平治元年):渡辺党、平治の乱で源頼政軍に加わる。
「中世の八軒家は渡辺水軍の根城だった!」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月14日(明治八年):大阪で初めての日刊紙「浪花新聞」創刊。
「新聞王国大阪への第一歩 宇田川文海が浪花新聞を創刊」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月20日(明治二十一年):天満橋・天神橋(鉄橋)竣工。
「天満橋 重ね橋のもったいない発想とは?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
「天神橋 空海はここから唐へ船出した?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月25日(天明三年):与謝蕪村没。
「蕪村の謎 故郷毛馬との微妙な関係」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
12月 -(明治九年):高麗橋東詰に里程元標を設置。
「高麗橋 朝鮮使節の迎賓館があった?」
  →縦書きデジタル絵巻   →テキスト版(画像なし)
2013年5月2日
山根徳太郎
執念の難波宮発掘

書紀に記載されながら所在地は不明なまま戦後を迎えた難波宮。しかし山根徳太郎博士の執念の発掘活動で、ようやくその姿を現しました。

2013年3月12日
なんと観客が八十万人も!
城東練兵場で大飛行ショー

一九一一年の春、アメリカから飛行サーカス団が大阪へやってきた!物見高い浪花っ子たちがこれを見逃すはずはありません。

2013年1月15日
大阪城炎上。
時代は維新へ

慶応四年一月六日、鳥羽・伏見の戦いで敗れた将軍慶喜が大阪城を脱出。そして九日の朝、大阪城は炎上します。二日間燃え続け、灰燼と化すのです。

2012年12月14日
宇田川文海が
浪花新聞を創刊

四大全国紙のうち、読売を除く朝日、毎日、産経の三紙が大阪生まれ。新聞王国大阪への第一歩は、宇田川文海の「浪花新聞」から始まった。

あなたは八軒家かいわい博士?